飛行機が初めて作られて100年以上の歴史があり、今では何百難然という数の飛行機が地球上を飛び回っています。

そして、以前は飛行機に乗るためには、かなり高い料金を支払わなくてはならなかったため、富裕層やVIPの人くらいしか乗ることができなかったのですが、飛行機技術の向上や航空会社の価格競争によって、今ではかなりリーズナブルな料金で乗ることができるようになっています。

今では、家族での旅行や学生の修学旅行でも交通手段として使われているほどポピュラーな乗り物になってきています。

飛行機を利用することによって、短時間で移動をすることができますし、国外にも行くことができます。

国内での移動でも、今ある乗り物の中でもスピードが最も速く、電車や車で数日かかっていた距離が数時間で到着することができます。

時間短縮や利便性を求めて、飛行機を利用する人はとても多くなっており、長期休暇になると空席がなくなるほど人気です。

このように旅行をする時や出張をするときに利用することが多い飛行機ですが、この飛行機というのは、いくつかの種類が存在しています。

そして、その飛行機の種類によって特徴が異なっていたり使用目的が異なっていたりしています。

また、飛行機の種類によって、搭乗数や重量、料金も違っているものです。

何気なく空を飛んでいる飛行機でも色々な種類があるということをご存じなかった方も結構いらっしゃるのではないでしょうか?

また、同じように空を飛ぶことができるヘリコプターと何が違っているのかよく分からないという方もいらっしゃるかと思います。

飛行機にはどのような種類があって、どのような目的で利用されているのかであったり、どのような特徴があるのか?

そしてヘリコプターとどのような違いがあるのかについてご紹介をしていきたいと思っています。

これまで、何気なく乗っていた飛行機ですが、飛行機に関する知識を身に付けることによって、飛行機に乗るときに新しい楽しみ方を楽しむことができるのではないでしょうか?