旋回しやすく機敏に空を飛ぶ!

飛行機もヘリコプターも同じように飛行する乗り物ではあるのですが、いくつもの違いがあります。

また、ヘリコプターも飛行機の一種だと思っている人もいるかもしれませんが、飛行機というのは固定された翼があることが前提となっています。

ヘリコプターは飛行機のカテゴリーには含まれていないのです。

飛行機とヘリコプターの違いとして、飛行機はジェットエンジンやプロペラによって推進力を得ているため、前に進むことしかできません。

ヘリコプターというのは、機体上部にプロペラがあるため、前に進むだけではなく、飛行中に静止をした状態になったり垂直移動をすることができるようになっています。

また飛行機と比べると圧倒的に旋回しやすく、小回りが利くという点もヘリコプターの長所と言えます。

静止したりすることができるという特徴があるため、ヘリコプターは海難救助や山岳救助、急患に対応するためのドクターヘリでも活用されているのです。

また、遊覧飛行をする際にも、飛行機よりも小回りが利くヘリコプターが圧倒的に有利となっています。

ただし、ヘリコプターというのは、飛行機と比べるとかなり燃費が悪く、飛行距離が短くなっています。

また圧倒的に飛行機のほうが速度が速くなっているというのも違いの一つと言えるでしょう。