旅客をする目的で飛んで行く!

私たちが旅行や出張などで利用している飛行機というと、ジャンボジェット機という呼び方で呼ばれていることが多いのですが、ジャンボジェット機というのは、実はボーイング社のB747型機のことを指しています。

旅行や出張などで乗る大型の飛行機のことは旅客機と呼ぶのが正しいのです。

旅客をする人の移動手段として用いることを目的となっています。

なお同じように人を乗せることを目的としている政府用の飛行機や企業用の飛行機、観光で使用されることが多い軽飛行機というのは、この旅客機には含まれていません。

また、現在日本の航空会社のほとんどが使っている旅客機と呼ばれる飛行機というのは、遷音速旅客機となっています。

音速よりも遅いスピードで空を飛ぶ飛行機のことを遷音速旅客機と呼ぶのですが、時速に換算すると大体900㎞/hとなっています。

音速を超えるのスピードで空を飛ぶ飛行機として、以前コンコルドといわれる旅客機が注目されたことがありました。

音速以上のスピードを出すことができる旅客機のことを超音速旅客機と言い、時速に換算すると何と1200㎞/hを超えています。

なお旅行で旅客機に乗るときには、基本的に航空券の料金だけではなく、燃料サーチャージも発生しますから、燃料サーチャージ込みで予算を考えるようにしましょう。